漢方外科 - 阪急西宮北口駅2分 李漢方内科・外科クリニック

李漢方内科・外科クリニック 漢方外科

ホーム > 漢方外科

漢方外科

西洋医学では“痛み、しびれ”に対しては、薬物療法、注射療法、牽引療法、運動療法などがあります。ひどい場合には外科手術を行います。
薬物療法では、消炎鎮痛薬(痛み止め)、外用薬にはシップ薬と塗布薬(クリーム剤、軟膏剤、液剤)が最も多く処方されます。
しかし消炎鎮痛薬などの痛み止めを用いれば、痛みやしびれは緩和しますが、長期間使用すれば、胃を痛めたり、腎機能低下になるおそれがあります。

中国中医学では「不通則痛」という理論があります。日本語に訳せば「通じざれば、すなわち痛む」ということです。
何らかの原因で体の気血(きけつ)の流れが悪くなると痛みやしびれが生じるわけです。中医学の弁証より漢方薬を調剤し、痛み、しびれの改善に期待できます。

当院が力を入れる整形外科疾患

  • 肩こり
  • 頸椎症
  • 五十肩
  • 頸肩腕症候群
  • 下肢痛
  • 上肢痛
  • 腰痛
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛
  • 変形性関節炎
  • リウマチ性関節炎
  • 強直性脊椎炎
  • スポーツ傷害
  • 神経痛
  • 術後の痛みやしびれ
  • ねんざ
  • 外傷痛
  • がん性疼痛
  • 原因不明の痛み
  • 痺れ
  • 手術による合併症:頭痛
  • しゃっくり
  • 下痢など
  • 抗生剤を投与してもなかなか治らない外傷感染、潰瘍など

当院は趙中医鍼灸院を併設しております。漢方薬、鍼灸をあわせて治療すれば、より早く病状の改善が期待できます。つらい痛み、しびれの方、長く続いているのに、検査で異常が見つからず治療法に悩む方は、是非、一度当院にご相談してください。

ページトップに戻る